塾に通わせる前に知っておくべきこと

何歳から塾に通い始めるべき?

高校や大学受験の対策はもちろん、学校学習を補填してくれる学習塾の存在は現代の教育には欠かせません。
では一体何歳から塾に通わせるのが賢明でしょうか。
最近では幼稚園の内から学習塾に通わせているという家庭も珍しくないようです。
英語や算数といった、小学校で教わる内容を幼児の内から勉強をしておくことで、小学生になった際の出遅れや躓きを解消するのが狙いです。
基礎的な学習レベルを身に着けておくことで、劣等感を感じず学生生活をスタートできます。
また、小さな頃から机に座って学習することを習慣づけておけるので、試験や受験期も苦にならず、コンスタントに勉強することが可能と言われます。
勉強に苦手意識を持たせたくなければ、早期の内から塾に通わせるのは大いにありだと思いますが、勉強は興味を持って自発的に行うものです。
子どもが嫌がるようならば、無理強いをすることは止めるべきでしょう。

塾通いは検討することが大事

塾費用は決して安くはありません。
授業料が安い塾は確かにありますが、とはいえ、月々1万円以上はどうしてもかかります。
成績が上がるならば、高い授業料を払ったとしても悔いはありませんが、結局は子どもの意欲次第であり、どれだけ塾に通わせても結果が出ないことは十分ありえます。
学習塾を過信して、お金さえ払えば成績が上がる、と思い込むのは止めましょう。
大事なのは、子どもに目標を持たせること。
それが受験合格なのか、苦手科目の克服なのか、毎日ちょっとずつでも勉強の習慣を身に着けることなのか、それは子どもそれぞれです。
まずは親子で目標を設定し、その目標を達成できそうな学習塾や家庭教師を選ぶようにしましょう。
あやふやに塾に通わせていては、まるでお金を捨ててしまっているような錯覚に陥ります。
親子で目標を具体化し、それに向かって取り組ませることで、月々の費用も大きな負担には感じない筈です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る